片山虎之介の仕事

 私たちの生活の中には「まだ知らないけれど、素晴らしいもの」が、たくさんあります。

 そして、それを作り出しているのは、「まだ知らないけれど、素晴らしい人たち」なのです。

 私、片山虎之介は、その「素晴らしい人たち」にお会いして活動の様子をうかがい、そういう方々が作り出した素晴らしいものを、多くの皆さんにお伝えしたいと思うのです。

 「感動を共有する」ことを仕事にしている私の生活は、毎日が感動の連続なのです。

蕎麦の講座は、「蕎麦のソムリエ」養成講座、「蕎麦鑑定士」養成講座(主管・一般社団法人 日本麺類業団体連合会) などを運営しています。写真は、東京・南青山で開催した利き蕎麦講座の様子です。他の団体との連携も積極的に行い、『サライ』(小学館)との共催で、蕎麦講座も行っています。

 

 

東京・銀座で行っている蕎麦打ち教室「蕎麦のソムリエ講座」です。会場は長野県のアンテナショップ銀座NAGANOをお借りして、毎月、一回、開催しています。北海道から沖縄、さらに海外からも受講のお申し込みをいただきます。詳しくは『蕎麦Web』をご覧ください。

つくば国際会議場で開催された「第7回ソバ研究会」で、片山虎之介が「中国のそば生産地をめぐる情勢」をテーマに講演。それに先立ち、京都大学農学研究科栽培植物起源学分野の大西近江教授(現・名誉教授)が、「ソバの起源地を探る」と題してご講演なさいました。これをご縁に大西近江先生には、『蕎麦のソムリエ講座』の第一回基本講座の講師を務めていただいたのです。

つくば国際会議場で開催「第7回ソバ研究会」での片山虎之介。



ビートたけしさんの番組、「ビートたけしの等々力ベース」(BSフジ)に出演して、皆さんに、おいしい蕎麦を召し上がっていただきました。



ソバの栽培など、屋外での体験講座も実施しています。ソバの名産地で行う栽培講座は人気が高く、遠方から受講生の方が駆け付けてくださいます。



蕎麦の楽しみ方は、ひとそれぞれです。蕎麦屋さんを巡る「食べ歩き」が好きな方、あるいは、ご自分で蕎麦を打つことが好きな方など。片山が開催する蕎麦講座では、いろいろな方法で、皆さんに蕎麦を楽しんでいただきます。

 

 

時代が変わり、人々の食の嗜好が変化する中で、日本蕎麦の伝統技術が失われつつあります。そうした伝統技術を多くの方に伝え、地域振興に結びつけていただく目的で、蕎麦打ちの技術認定制度も実施しています。写真は、自治体と力を合わせて行っている「日本蕎麦伝統技能保持者」認定会の様子です。

 

 

世界各地に、いろいろな感動を求めて、旅をしています。取材の様子は、「旅」のページでも、ご覧いただけます。



片山虎之介の活動の概要。及び、片山が企画、制作、解説した
主要メディア掲載記事の一例。

 

蕎麦に関する活動

蕎麦鑑定士認定制度運営委員会委員長 (日本麺類業団体連合会と合同で行っている認定制度)

日本蕎麦伝統技能保持者認定制度運営委員会委員長

全国そば優良生産表彰事業審査委員 (日本蕎麦協会主催)

蕎麦のソムリエ講座運営委員会委員長

日本蕎麦の伝統を守り、地域おこしを応援する有志の会「日本蕎麦保存会」会長。

『蕎麦Web』代表

 http://sobaweb.com

 

2016年、福井県から委嘱され、福井県の蕎麦のプロデュースを開始。

2015年より東京・銀座にある長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」において、月に一回、日本蕎麦伝統の蕎麦打ち技術である「一本棒・丸延し」の手打ち蕎麦教室「蕎麦のソムリエ講座」を開催中。受講生は関東地方を始め、北海道、九州、沖縄からも参加がある。プロの蕎麦店主人や、製粉業関係者なども多い。

日本各地の県、および市町村の、蕎麦栽培から製粉、蕎麦店でのメニューに至るまでの、蕎麦のプロデュースを手がける。日本の蕎麦を、おいしくすることを目的に、さまざまな活動を続けている。

 

 

 

著書

蕎麦屋の常識・非常識 (朝日新聞出版/朝日新書)

不老長寿のダッタン蕎麦 (小学館) 
日本にダッタン蕎麦の名前を広めた単行本

真打ち登場 霧下蕎麦 (小学館) 

正統の蕎麦屋 (小学館)

ダッタン蕎麦百科 (柴田書店)
ほか多数。


サライ(小学館)】 

日本の名蕎麦/別冊付録付き (2004年9月2日号)本誌45p+別冊20p。合計65pの大特集。北海道から沖縄まで、日本の蕎麦食文化の全貌を紹介。ほぼ一冊丸ごとの総力特集。

蕎麦の正統 (2003年9月18日号)
42pの巻頭大特集。砂場、薮、更科と一茶庵、それに神田まつやを加え、日本蕎麦の代表的名店の歴史と特徴を解説。

名刹でたぐる寺方蕎麦 (2001年9月6日号)
蕎麦の食文化の発祥を訪ねて、比叡山延暦寺、深大寺、戸隠神社、善光寺、妙興寺などに伝わる、寺と蕎麦の歴史を解説。15pの特集。

名君がたぐった大名蕎麦 (2002年1月1日号)
正月号、15ページの巻頭特集。徳川吉宗、保科正之、徳川光圀、松平不昧など、大名、名君が愛した蕎麦を紹介。

霧下蕎麦とその花をめでる旅 (2000年8月3日号)
日本全国の蕎麦処を、北海道から九州まで旅をし、18pにわたり、各地に残る蕎麦の食文化を紹介。その後の蕎麦ブームの発端となった特集。

蕎麦「食べ歩き」の極意 (2009年8月20日号)
蕎麦屋の食べ歩きの仕方を、20pにわたり特集。

極上の年越し蕎麦 (2010年1月号)
日本各地の名店から蕎麦を取り寄せ、自宅で茹でて年越し蕎麦を楽しむ。15pにわたる特集は、今、取り寄せ蕎麦のブームを巻き起こしている。

「夏蕎麦」が断然うまい (2013年8月号)

夏こそ、蕎麦の涼味を楽しむ季節。夏に食べる蕎麦のうまさについて、23pの特集を担当。

 

「十割蕎麦」は、噛むほど旨い (2014年10月号)

蕎麦好きなら憧れる、おいしい十割蕎麦。しかし十割蕎麦のことは、わからないことが多い。魅力の十割蕎麦を徹底解説。19pの特集。

 

ローカル列車で旬を食べに行く (2000年9月7日号)

ローカル列車に揺られ、各地の美食を訪ねる旅の特集。表紙に奈良の「玄」の蕎麦を掲載。巻頭17pの特集は、その後、鉄道の旅ブームを巻き起こす。

 

ほか多数。 

 

 

自遊人(自遊人)】

絶滅寸線。在来種の蕎麦(2010年9月号)
日本各地にわずかに残る希少な在来種を、66pにわたって解説した、ほぼ一冊丸ごとの大特集。大きな反響を呼んだ。

代替わりにドラマあり。暖簾の継承 (2007年7月号)
老舗蕎麦店の代替わりにまつわる、様々なドラマを紹介。神田まつや、並木藪蕎麦など、10p。


週刊朝日(朝日新聞社/朝日新聞出版)】

月桃蕎麦 (2005年9月30日)
蕎麦を極めれば「こそば」 (2007年11月2日)
自家栽培のうまい蕎麦 (2010年12月24日)

そのほか「そば・うどん」(柴田書店)など多数。